第26回アンコールワット日本語教師会セミナーご報告

カンボジア日本人材開発センター(CJCC)の小嶋香織日本語専門家をお招きして行われたセミナーには、7つの日本語教育機関からカンボジア人11名、日本人6名、合計17名の参加者がありました。ノートの取り方について改めて考える良い機会となりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です